キラーピアス

二階堂くんのエンジェルな部分

Affection

例えば二階堂くんの好きなところなんて、書き始めたらそれはそれはもう乳酸菌かよというレベルでおよそ10億個はあると思うので、全部を文字にしていたら悲しいことに平成が終わってしまう。

 

 

二階堂高嗣くん、28歳のお誕生日おめでとうございます。

 

 

私は弟組と年が近いんですが、同世代という定義も人それぞれなところはありますが、っていうか同世代ってだけで感情が1割増になるこのシステムについて誰か解明してほしいんだけど、よくわからないまま心の距離の近さみたいなものに惹かれてしまった。

 

ゆえに思うことがある。彼らは数えきれないほど沢山のことを経験しているのに、同じくらい生きてる自分の人生はなんてちっぽけなんだろうと落ち込んだりする。この生き様は彼らの100分の1にも満たない、1000分の1くらいなんじゃなかろうかと。
彼らが喜んで悲しんで悔しがって努力して這い上がって、そして喜びのその先へ駆け上がっていこうとしてる頃、私はタンスの角に小指をぶつけたり、冷房に当たってお腹を壊したりしているのである。はぁ、非常にくだらない。

 

 

私の人生にただひとつ、二階堂くんが経験したことのないものがあるとするならそれは、二階堂くんのファンになったことだと思う。
正直に申し上げて毎日とても楽しいので、二階堂くんもおいでよ。

 

28歳はよりいっそう、自分のことを愛してあげてね。

 

つまらない人生だったけどキスマイに出会ったから最高です!という定型文も追加しよう。

 

 

 


君が主役!
満を持して誕生日ソングでそんなことをビシッと指をさして言っておいて、自分が主役になりきれない二階堂くんがいた。そうだ、あの夏の8月6日もそうだった。変わらないんだね。

 

28歳になった二階堂くんにもワクワクしたいし、心が洗われたような気分になりたいし、ときめきで死にそうになったりしたいです。そのへんどうぞ、よろしくお願いします。

毎日幸せでいてね!笑っていてね!大好きだよ!

 

 

 


2018.8.6